【道路は、道路族議員の都合で作らずドライバー心理学を熟知して作れ】

 現代の高速道路は、高度な力学の計算 高度な建設技術のもとに作られて
います。しかし ここに大きな問題がありますね。実際のドライバーの使い
勝手は考えられていません。

 ご承知の様に今、マスコミを賑わしていますが 道路公団の総裁のぶざま
な国会答弁に象徴されるように 道路建設が大きな権力・利権を巡る道具に
使われている事でしょうか。

 道路を作ると言う事は、地域国民の便利にという建前ですが 道路族とい
われる国会議員・道路公団の幹部の腐敗とその勝手で作られる道路に 運転
するドライバーの使い良さが見られないと思いませんか。

 例えば、山陽高速道路の広島ジャンクション。ドライバーの心理は ジャ
ンクションでは左脇へ行く道は 高速を降りる道だと思います。ところが広
島ジャンクションは左脇へ行く道が本線なのです。広島に降りる道は中央な
のです。

 当初は死亡事故が多発しました 今は大分知られて事故は減ったようです
が、相変わらず何時も通らない車は 間違うようです。

 事故はドライバーの不注意が殆どですから 申し開きは出来ませんが 事
故を誘発するような道路・仕組みが全国的に多いと思いませんか。ドライ
バーの心理を良く考えて作られていないと思います。

 道路建設で甘い汁を堪能する道路族議員とそれらとグルになる道路公団の
幹部達が作る道路にドライバーの為にという気持ちを持てというのは、所詮
無理ですかね。

 行政改革は 道路族議員の猛反対でとても無理としても、事故を誘発する
ような道路だけは作らないで欲しいと願います。

          (投稿者:明石の蛸医者さん)



_

copyright (C)corona Textile All Rights Reserved.